旭化成ヘーベルハウスへお住まいの方へ
ヘーベルハウスのシロアリ(白蟻)被害について〜鉄骨系躯体の住宅でもシロアリ(白蟻)被害があります。


我が家での出来事についてご報告致します。
我が家は、シロアリ(白蟻)被害に遭いました。
ヘーベルハウスにもかかわらずです。

ヘーベルハウスの販売担当者に言いました。
(以下、Q;私 A;先方の担当者です)
Q:「ヘーベルハウスは、シロアリ被害がないという話だったのでは?」
A:「シロアリ被害がないのは、鉄筋の躯体部分とヘーベル板のところです。一般的に木部はシロアリ被害が出ないとは言えません。これは、常識だと思いますが…。」
Q:「常識とは捉えていなかったのですが…。木造住宅とは違い、土の上に基礎部等が直接触れているわけではありませんから…。『シロアリ被害がない』という言葉にだまされたということでしょうか。」
A:「だまされたとは、言いすぎではありませんか。当方では、木部も含めた部分にシロアリ被害がないとは一切申しておりません。」
Q:「確かにホームページ等を見ても、ヘーベル板等主要構造には、無機質素材を使用しているため、シロアリ被害はないと書かれていますが、『防蟻剤・シロアリ駆除剤が不要』とも書かれています。この言葉を見れば、木部も含めて、シロアリ被害なしと受け取れるのでは…?」
A:「木を使っている以上、シロアリ被害は有り得ます。特に、玄関周りは、土間からの湿気が上がりやすく、他に比べて多湿となっているため、シロアリ被害を受けやすいところです。」

確かに我が家も玄関のところがやられている…。


さらに、旭化成から紹介されたシロアリ駆除業者に玄関のシロアリ被害現場を見てもらいました。
旭化成の紹介の業者なので、旭化成の担当者の代弁をしているのと同じですが、驚きでした。

Q:「なぜ、このようにシロアリにやられてしまったのですか?」
A:「このような鉄筋躯体の家でも、玄関部分は、土間の近いところに木部があります。このあたりの木部は、最初建てた時に防蟻剤を撒いていても、5年も経つと薬が切れるため、シロアリにやられ易くなります。シロアリにやられないためには、薬剤の効果が切れる5年ごとに消毒をする必要があります。」
Q:「ということは、一般の木造家屋と同じ対処が必要ということ?」
A:「木部については、ヘーベルハウスでも同じ扱いとなります。」

というわけで何か非常にガッカリしました。

実は、以前の我が家は、木造でしたが、シロアリ被害に遭い、床下換気扇をつけたり、5年毎に消毒をし直していました。今回は、ヘーベルハウスに住んだためにこのような思いをしなくて済むと思っていました。

本当に憎いシロアリです…。

ヘーベルハウスその他鉄骨系躯体の家に住まわれている方、特に玄関の木部を見てみてください。
もしかすると、木が疎になっているところ(軽く叩いてみてうつろな音がするところ)はありませんか…?

我が家の場合、玄関に入ってすぐのところでしたので、明るいところから中に入ると見えにくく、木部が疎になっていることに気付くのが遅れました。


このページの記載事項にご意見のある方は、以下までメールをお願い致します。
(2008年8月8日 記)



poli_1666@mail.honjo.ne.jp
代表:大西 庸子(おおにしようこ)